『臘月記』歌詞


廻天百眼
 
『臘月記』音楽集がすでに劇場で発売されております。

歌詞を公開しちゃいますよー!

『臘月記』

新月抄
空囲むざわめく木々に
風を見て 一人
華・寡・仮定は
油・憂・愉快か
火・禍・過程は微熱
私を残して
アチラの影伸び
触れて溶けるも欲とせず
しかばね

月も月立つ月毎に
終の住処の月尽し
日差し眩しく顔も見ず
香を焚いても蓮の花

意識が降る雪に変わり絵が見える

月天心
糸つむぎ八重歯で噛み色滲み
一人
涌・結・夕刻
馬・魔・待たずに
油・愉・遊戯は微熱

私を残して
アチラへ影行き
触れて溶かして欲になれ
しかばね

色は色めき色ごとに
現在の住処で色づくし
日差し眩しく顔は見ず
笑い跳ねたら濡れ仏

意識が火柱に変わり絵が見える
 

 
 
臘月記音楽集◎収録曲
一、序の念仏
二、臘月記
三、化物屋敷
四、吐血
五、急の念仏
六、極楽
 
 

◎次回の興行

廻天百眼
0629-0703
実験公演
『臘月記』
廻天百眼
0625
『臘月記』
公開ゲネプロ
imperial01

百眼帝国

廻天百眼_襦袢クラブ
0726
襦袢クラブ

◎お勧めのお土産

廻天百眼
新登場!
冥婚用品!
廻天百眼
『奴婢訓』
DVD
廻天百眼
『奴婢訓』
舞台音源集
廻天百眼
『存ぜぬ快楽』
DVD
新装版
ブックマーク へのパーマリンク.

3 Responses to 『臘月記』歌詞

  1. ピンバック:『化物屋敷』歌詞 - 石井飛鳥 大廻天カーニバル

  2. ピンバック:『吐血』歌詞 - 石井飛鳥 大廻天カーニバル

  3. ピンバック:『極楽』歌詞 - 石井飛鳥 大廻天カーニバル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。