紹介

Asuka icon01 o CA3C0061

石井飛鳥

1985年4月4日生まれ。虚飾集団廻天百眼主宰。
2005年『御霊祭御祭騒』で廻天百眼旗揚げ。以降廻天百眼のすべての脚本、演出を担当。
『存ぜぬ快楽』、『鬼姫』、『エロスグロテッサアッパーグラウンド』などのストレートプレイの他、2006年『極楽鳥×変身前夜』で2本の戯曲を同時に同じステージ上で上演する試み、2007年『赤闇少女』で球体関節人形を舞台に登場させる、2009年『黒色サロス』で皆既日食の中で野外劇を、2010年『死ぬ機械』でインダストリアルミュージカル、など、前衛的な舞台もつくっている。
2011年には丸尾末広の漫画『少女椿』を舞台化した。
また日活株式会社製作のハリウッド映画、『東京残酷警察』では、スピンオフ作品の脚本、監督を担当している。

執筆・演出の依頼はこちらから。

コメントは停止中です。