試写 紅日毬子、餓鬼道、モチヅキマサル、平良和義


 
機材編からの続き
ほとんど50mm(Ai-s F1.8)での撮影。カメラはD600。
試写と言いながら本番用も何枚か混ざっております。

廻天百眼
餓鬼道さん。5月17日ライブにて。
ステージングくっそかっこいい!
 
廻天百眼
ライブにはライブ用のメソッドがあるわけですが、高円寺UFOは明かりがまわってくれているので割と普通の露出で撮影。
フレアー出てますね・・・。

廻天百眼
かたつむりちゃんと客演、平さん。
今回撮った中で唯一の日中晴天。
『臘月記』のパンフ用です。今回もかなり良いパンフになりそう。

廻天百眼
モチヅキマサル氏
世界の終わりじゃー!

廻天百眼
内蔵ストロボが頭よくなっています。
背景を残しつつ前景を見せるの図。

廻天百眼
紅日毬子。これ、風呂なんだぜ・・・。

廻天百眼
ストロボ+水飛沫

廻天百眼
レンズの絞り輪でシャボン玉を六角形にする試み。

廻天百眼
すっぽんぽん!露光でぎりぎり見せない裏技。

廻天百眼
ちょっと本気を出してみる試み。

廻天百眼
でも、本当に本気を出した時の写真はこっち。
 
久しぶりに撮った感想。
露出とシャッタータイミングのスキルがやや鈍っております。
「俺はこんなもんじゃねえ!」って言いたい。笑
シャッタータイミングもうちょっと頑張れる気がします。
もしかしてF3とD600でレリーズ速度違う?調べてみよう。
露出についてはデジタルはダイナミックレンジがポジより広く、ネガより狭い、ってのが体感です。
そもそもモノクロにY2つけて高温現像って方法を主にしていたので、光線は見えても色はあんまり見ていなかったかも。
フィルムに合わせた露出とデジタルに合わせた露出も違いそうなので、ピクチャーコントロールから学ぼうと思います。カラーはアグファの下品な極彩色をややアンダーで撮るのが好きだったんだけど同様のもの作れるといいなー。
ファインダーは確実にF3より劣化してますね。改造すべきか・・・。
 

◎追記 レリーズタイムラグ
調べた結果
F3 40ms
D600 52ms

だいたい100分の1秒ほどD600の方が遅いようです。
結構違うじゃないか!
F3よりも0.01秒ほど未来を見てレリーズしなければいけないということか!
 

◎次回の興行

廻天百眼
0629-0703
実験公演
『臘月記』
廻天百眼
0625
『臘月記』
公開ゲネプロ
imperial01

百眼帝国

廻天百眼_襦袢クラブ
0726
襦袢クラブ

◎お勧めのお土産

廻天百眼
新登場!
冥婚用品!
廻天百眼
『奴婢訓』
DVD
廻天百眼
『奴婢訓』
舞台音源集
廻天百眼
『存ぜぬ快楽』
DVD
新装版
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。