答えは一つ!


11030803.jpg
写真は天測理法LitaVlata
 
芸術関係で、「色んな表現があってどれも正解」みたいな考え方は嘘だと思う。
「岩石の無駄な部分を削ったものが彫刻」という考えの方が凄く納得できる。
正解はいつも一つでどこまで純度を上げられるか。
少女椿、まだまだ稽古してないシーンもありますが無理やり通してみました。削るところがたくさん!ぎゃー!
 
そして答えは見えた。  
 
 

<最新の興行>

  ◎0820 ARTiSM FESTA 2011 SUMMER

  ◎劇場本公演『少女椿』

  ◎襦袢クラブ

 

◎お勧めのお土産


 
天上歌劇の書

『存ぜぬ快楽』
サウンドトラック

 
廻天百眼ストラップ

『死ぬ機械』
サウンドトラック
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。