質量とエネルギーの等価性


・エネルギーは質量×光速度の二乗である。
・質量は引力を発生させる。
・質量が大きければ大きいほど、引力は大きくなる。
・ブラックホールは質量が巨大なため、あらゆるものを引き寄せる。そして引き寄せたものを飲み込み質量がどんどん増えていく。

これが、三次元における、質量と引力。
しかしこの法則は質量の存在しない世界でも通用する。
例えば1つしかないものを2つにするより、既に100個集まっている状態からもう1つ増やす方が遥かに簡単だ。
10の知識しかない者が1の知識を学ぶのには時間がかかるが、100の知識のあるものはいとも簡単に1を知る。
あなたに10000人の友人がいるなら、来年には数千人の友人が増えているだろう。
なんでもいい、蒐集しているもの、人間関係、年商(借金でもいい)、それらは数が増えれば増えるほど、引力を帯びるように増加が加速していかないだろうか?

質量とは関係なく、数が増えれば増えるほど引力は大きくなる。
これをどう説明するか。純粋に数が増えるだけで増えるものとは何か。
それは可能性である。どんな数であれ、数字が大きくなれば可能性は上がる。
質量を可能性という言葉に置き換えてみる。

・エネルギーは可能性×光速度の二乗である。
・可能性は引力を発生させる。
・可能性が大きければ大きいほど、引力は大きくなる。
・ブラックホールは可能性が巨大なため、あらゆるものを引き寄せる。そして引き寄せたものを飲み込み可能性がどんどん増えていく。

可能性とエネルギーは等価関係にあるっ!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。