※写真をもっと見たい方は帝国ブログへ!
 
昨年中もたくさんの方にお世話になり、『冥婚ゲシュタルト』漫画発刊とフールズメイト出演などなど劇団とは思えぬ幅の広さで展開することができました。
そもそも舞台を選んだのが、なんでもできるから、という理由なのでフォーマットはなんでも来いです。
次回の劇場公演はオリジナル新作の『殺しの神戯』。
まだ見ぬ扉を開けようぜ!
 
石井飛鳥
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください